株式会社 近藤組|公式サイト

株式会社 近藤組-KonDo-

土木・建築・塗装の総合建設から注文・リフォームを行う住宅開発にと、皆さまの信頼に応えます。

新着情報 最新の記事

コンドー興産

田西設計コンサル

H&M

外部リンク

和寒町総合体育館

新着情報一覧

2016.12.28

北海道開発局長様より感謝状をいただきました

 本年、8月以降に発生した台風や大雨により、道内各地では様々な災害が発生しました。

 その際に弊社で災害復旧の対応をさせていただいたことに対し、北海道開発局長様より感謝状をいただきました。

 

感謝状

2016.12.21

北海道知事表彰を受賞いたしました

弊社が平成27年度に施工した林道改良工事において、徹底した安全管理、現場管理による高品質な施工が高く評価されたことから、平成28年度水産林務部工事等優秀業者表彰を受賞し、12月20日に表彰状をいただいて参りました。

今後もこの表彰に恥じぬよう適切な施工管理及び品質管理に努めて参ります。

 

 

表彰知事表彰

 

2016.12.17

今年も登場☆サンタさん!

12月15日に、㈱近藤組、㈱コンドー興産、㈱H&Mの3社共同による地域貢献活動を行いました。

和寒町の将来を担う子ども達に、自分たちの住んでいる町の企業を知ってもらうとともに、和寒町をさらに好きになってもらう目的として「和寒保育所」・「和寒こども館」で実施したもので、会社の活動内容などをお話しさせてもらったあとに、3社の社員がサンタ・トナカイの格好で登場し、子ども達にケーキのプレゼントを贈らせていただき、子ども達からはたくさんの喜びの声をいただきました。

 

 

ケーキHP用新聞記事

 

2016.12.08

富良野市様より感謝状をいただきました。

 本年8月に発生した大雨により、富良野市の普通河川7号沢川の側壁が洗掘され、更なる被害の拡大を防ぐためにも災害時対応をさせていただいたことに対し、富良野市様より感謝状をいただきました。

富良野市

2016.12.07

和寒・剣淵小学校へ絵本の寄贈をさせていただきました

 本年、7月・8月に発生した大雨による被害(7月31日 大雨、8月17日 台風7号、20日 大雨、22日 台風9号)を受け、弊社としても、地元和寒町、隣町であります剣淵町において災害復旧のお手伝いをさせていただきました。

 今後も万が一への備えとして学童期から災害への意識を高めていただければと思い、災害復旧活動をお手伝いさせていただいた、和寒・剣淵 両町の小学校へ防災に係わる図書を寄贈し、懸念されている子ども達の読書離れ・活字離れの解消及び防災意識の向上と、少しでも建設業にも興味をもっていただければと思い、建設業関連の図書も合わせて寄贈させていただきました。

 

絵本寄附

 

2016.11.08

新築マンション完成見学会を開催します!!

当社が施工させていただきましたマンションが完成し、1日限りではありますが見学会を開催します☆

11月12日(土) 10:00~15:30 1日限りの開催です!

ぜひ皆さんお気軽にお越しください!

詳細は下記チラシのとおりです

マンションチラシ

2016.11.08

和寒町様、名寄市様から表彰をいただきました

本年、創立100周年を記念し関係市町村に寄付をさせていただいたことに際し、和寒町様、名寄市様から

表彰をいただきました。

今後も地域に根差した建設会社として皆様の信頼にお応えできるよう邁進して参ります。

 

盾

 

2016.10.11

町民植樹祭に参加してきました

 10月8日に平成28年度 和寒町民植樹祭が行われ、豊かな自然を守り、環境を大切にする取り組みに当社からも参加させていただき、様々な苗木を植樹してきました。

 今後も継続して各種活動にも取り組んでまいります。

 H28植樹祭HP用

 

2016.09.10

マンション新築工事

 本年度、弊社が施工させていただくマンション新築工事の地鎮祭を7月18日に執り行いました。

 入居者様にとって住みやすく、快適な空間をご提供できるようなマンションになるよう施工に努めます。

 今後、本ページにおいて定期的に工事の状況をお伝えしていきます。

 

 地鎮祭←写真はこちらをクリック

 マンション工事

IMG_3115

 

 

 

 

2016.09.09

荒廃農地の再資源化について

弊社及び子会社である株式会社H&Mで取り組みを進めている荒廃農地の取得、再資源化へ向けた取り組みが

紹介されました。

この取り組みは、長年放置されてきた荒廃農地を取得し、再生可能な資源である森林への再利用を図るものであり、今後も私たちの貴重な財産である「土地」の有効活用を行っていきたいと考えています。

 

荒廃農地

【 新着情報一覧へ 】